肝臓が気になるあなた!
  至急、連絡されたし!

 疾患治療剤ミラグレーン<第3類医薬品>(福井製薬) 
  ミラグレーン錠は、漢薬成分ゴオウ、含硫アミノ酸成分メチオニン・タウリン、グルクロン酸、イノシトール、肝臓加水分解物など6種の強肝成分と体内の新陳代謝(解毒作用)を高め、肝臓の負担を助ける各種ビタミンを配合した薬剤です。
 
肝臓の弱い方、お酒を飲まれる方に是非お勧めします。
 メチオニン、ビタミンB12、肝臓加水分解物質は、肝臓疾患に対して安定した高い効果を持っています。ミラグレーンは、この3つの成分を主として、葉酸、ゴオウ、タウリン、グルクロン酸、イノシトール、ビタミンEなど、肝臓機能の賦活成分を配合しています。 必須アミノ酸であるメチオニンがイノシトールとともに肝臓に脂肪がたまることを防いでくれます。 二日酔にもよく効きます!
 
<成分・分量>1日量(6錠中)
dl-メチオニン 300mg,リボフラビン(VB2) 6mg
グルクロノラクトン 60mg,シアノコバラミン(VB12) 6μg
イノシトール 30mg,葉酸 0.3mg、タウリン 90mg,
肝臓加水分解物質 90mg,酢酸トコフェロール(VE)

ゴオウ 0.9mg、硝酸チアミン(VB1)30mg,ルチン30mg
添加物として
乳糖、ポビドン、メタケイ酸アルミン酸Mg,カルメロールCa,ステアリン酸Mg,白糖、硫酸Ca,タルク、アラビアゴム、ゼラチン、酸化チタン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910、マクロゴール6000、カルナウバロウ、黄色4号、黄色5号を含有します
効能・効果
 二日酔い流行性肝炎、肝硬変症脂肪肝、黄疸、
 アルコール中毒、薬物中毒、自家中毒
<用法・用量>
次の量を食後に服用して下さい。
年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 2錠 3回
7歳以上15歳未満 1錠
7歳未満 服用しないこと
 45錠   1,600円+税
175錠    4,500円+税
350錠    8,300円+税
550錠  12,000円+税
 
このような方にお勧めしています。
  • GOT・GPT・γ-GPT数値が気になる方!
  • 最近、体がだる〜い方!
  • 最近、お酒が抜けにくいと感じるあなた!
  • 顔のつやがない方!
  • 体脂肪率が高いあなた!
  • ダイエットをしている人!
  • とにかく、「お酒が大好き!」というアナタ! 
肝臓の主な働き!
1)胆汁の生成
 脂肪(油)やビタミンAなどの脂溶性ビタミンの消化・吸収に必要な胆汁を生成します。
 胆汁はコレステロールや赤血球を分解して作られ、1日約1Lが生成されます。そして胆嚢で約1/10に濃縮され、食事時に十二指腸に分泌されます。
2)タンパク質の合成
 食事中のタンパク質は、胃腸で消化されアミノ酸となって吸収されます。このアミノ酸は、肝臓でアルブミンというタンパク質に合成されます。
 肝臓では、このほか血液凝固に必要なフィブリノーゲン、免疫にとって重要なグロブリンや様々なタンパク質の合成が行われます。
3)エネルギー源の貯蔵
 糖(炭水化物)をエネルギー源であるグリコーゲンとして蓄え、必要なときにブドウ糖に分解して各細胞に供給する。
4)老廃物の分解
 体内に出た老廃物や、古くなった赤血球、あるいは余分なホルモンなどを分解して排泄する。
5)解毒作用
 アルコール、ニコチン、重金属などの有害物質を無毒化して胆汁とともに排泄する。
6)備蓄
 ビタミンやミネラルを貯蔵します。そして、身体が不足状態になったり、運動、妊娠などで消費量が増えると、肝臓から各細胞に供給します。
 また、心臓や脳の細胞は一度破壊されると再生することはありませんが、肝細胞は何度でも新しい細胞を作り出します。
脂肪肝??
脂肪肝とは、肝細胞の30%以上に脂肪がたまった状態のことです
 肝臓ではエネルギー源として脂肪が作られ、肝細胞の中にためています。しかし、使うエネルギーよりも作られた脂肪のほうが多いと・・・また逆に作られた脂肪よりも使用するエネルギーが少ないと、肝細胞に脂肪が溜まっていく状態になります。このようにして肝細胞の30%以上に脂肪が溜まっている状態が「脂肪肝」と呼ばれます。
 BMI値が25以上の人は身体のあちこちに脂肪が溜まっていますが、いわゆる『肥満』と診断された方の2〜3割の方たちは脂肪肝の疑いがあると言われています。BMI値が知りたい方はこちら→BMI早見表

 ただ、症状が現れるわけではありません。自覚症状がないままに脂肪が溜まって行き、徐々に肝臓の働きが悪くなっていきますので、手遅れになる前に対処していきましょう。
飲酒・肥満、糖尿病なども原因といわれています
アルコール性脂肪肝
 アルコールが原因の脂肪肝を「アルコール性脂肪肝」と呼びます。大量のアルコールの摂取により肝臓の働きに異常が生じると肝臓中に脂肪がたまってきます。
非アルコール性脂肪肝 
 肥満や糖尿病など、アルコール以外の原因の脂肪肝を「非アルコール性脂肪肝」と呼びます。
 肥満や糖尿病の方たちはインスリンの働きがにぶくなっていますが、インスリンの働きがにぶいと、肝臓に脂肪がたまりやすくなり、脂肪肝になりやすいのです。
脂肪肝は進行すると『脂肪性肝炎』となり、さらには「肝硬変」から「肝癌」へと進む可能性があります。ですから、早め早めに対応が必要と言うわけです。
脂肪肝といわれたら・・・
 原因が飲酒ならば・・・とりあえずお酒を控えましょう。
 肥満が原因ならば・・・カロリー制限と適度な運動が必要でしょう。
そして・・・・「ミラグレーン」を是非お試し下さい!!
流行性肝炎  ウイルス性肝炎のことで、現在A〜Eの肝炎があります。
 肝炎ウイルスは、肝細胞内にあるクッパー細胞に捕食され少なくなっていきます。クッパー細胞の活性を高め、健康な肝臓を維持する
ミラグレーンを服用することが治癒への早道になります。
脂肪肝 肝臓に脂肪がたまることで、通常、肝臓の脂肪率は5%位ですが、脂肪肝の方は30%以上にもなります。 最近では、日本人の4人に一人は脂肪肝であるといわれています。
 原因は、アルコールと過食で、肝臓の処理能力を超えた量を摂取することによって、処理できなかった中性脂肪が肝臓に蓄積されて脂肪肝になります。
 治療のためには、まずは原因になっているアルコールや食事の量を控えることが大切ですが、肝臓の機能を高め、抗脂作用のある
ミラグレーンを服用することも改善の近道になります。
アルコール中毒  多量の飲酒から生じるエチルアルコールの中毒で、急性はアルコール飲料を短時間で多量に摂取したときに起こり、人事不詳、いびき、瞳孔散大などを呈し、死亡にいたることもあります。
 脂肪肝と同じように、肝臓の処理能力を超えた状態が原因ですから、肝臓の機能を高め、肝臓の働きを助ける
ミラグレーンを服用すると早く改善します。
薬物中毒  薬剤は、病気を治すために必要ですが、ときにその薬剤が原因で肝臓に障害を起こすことがあります。
 
ミラグレーンを服用することで、薬物による肝臓への悪影響を防ぐことができます。
 かんぞうくんは・・・
ちょっとやそっとの事では、わがままを言わない
とっても頑張りやさんです。
その上、よほどのことがない限り、「痛い」とか「しんどい」とかも言わない
すごく我慢強い臓器です。
だから・・あなたの方から日々優しくしてあげないと
気がついたときには虫の息・・・・・・・
・・・なんてことになってしまいます。
肝心要の肝臓です・・・
くれぐれもお大切に。。。。

『ミラグレーン』は、全国各地でそんな肝臓を助けるために、日々働いています。
 その他にも、こんな医薬品もお勧めです!

レバコール

「牛黄のはなし」も参考までに・・・
アクセス
個人情報
配送について

ゆうとく薬局
直線上に配置