アクセス
個人情報
配送について

ゆうとく薬局
直線上に配置
長城冠丹元服用いただいたお客様からの感想の一部を紹介させていただきます。
70代男性  耳鳴りがあり、ふらつきもあることもあった。病院で薬をもらって飲んだりもしていたのだが、ためしに服用してみるとのこと。3日服用したらなんとなく調子が良いとのことで、1ヶ月連続服用してみた。
 耳鳴りもふらつきもなくなり、頭がすっきりした感じがして、趣味の以後も調子が良いとのことでした。
40歳代女性  もともと手足が冷えやすく、肩こりがひどいのですが、最近、首筋から後頭部がきりきりと締め付けられるように痛むことがありました。
 この『長城冠丹元』を服用したところ、すぐに肩こりが無くなり、びっくりするくらいに痛みがキレイになくなってしまいました。うれしくて2−3日続けて服用しましたら、体もぽかぽかと暖かくなる感じで、夜もゆっくりと眠ることができるようになりました。
40歳代女性  肩こりがひどく、頭がよく痛くなり、鎮痛剤が手放せなかった方。
 試しに3日間服用していただきましたところ、肩こりが無くなり、頭痛もすっかりなくなってしまいました。しかも、ずっと悩んでいた、めまい・ふらつきがしなくなり、これまでたくさん服用していた薬を減らすことができるかも・・・と非常に喜んでおられました。
40歳代女性  最近、生理の際血液の塊のようなものが出ていましたが、「長城冠丹元」を飲みだしてからは、塊が無くなり、血液がサラサラとなりスムーズになり、お腹の張りも無くなり生理が随分と楽になりました。
50歳代女性  更年期障害があり、不眠が続き、肩こりもひどく、精神的にも落ち着かないとのこと。
 とりあえず、「長城清心丸」を服用。夜が随分と眠れるようになり、精神的にも落ち着いてきましたが、肩こりがなかなか取れないので、しばらく継続して飲めるような医薬品はないかとのこと。
 そこで、「長城冠丹元」を服用したいただいたところ、随分と肩が軽くなってきて調子がよくなってきましたとのことでした。
60代女性  肩がこり、首すじから頭がひきつれるように痛かったのが、肩凝りがなくなり、首すじのひきつれ、頭痛もなくなり、冠丹元がかかせなくなりました。
60代男性  耳鳴り、めまい、ふらつきがあり、病院にずっと通院していましたがなかなか良くならずにいたところ、冠丹元を服用してから、頭がすっきりとなり、とても調子が良くなりました。
70代男性  紹介されて服用してみたら、10日分だけで、ふらふらがなくなりました。
日常生活で、体のこんな変化に気づきませんか?
  • 最近目が充血しやすい
  • 文字がかすんで見えにくくなった
  • 目の下にクマができやすい
  • 目が痛んで、涙が出る
  • 歯茎の色が黒くなってきた。
  • 顔が火照る
  • 最近、顔色がなくとなく黒っぽい
  • 顔色や肌にツヤ張りがなくなった
  • 赤ら顔になってきた。
  • 顔にしみが出る。
  • 鼻の頭が赤くなってきた。
  • 手足が火照る
  • 口が渇く
  • 肩がこる
  • が時々刺すように痛む
  • 足腰が冷える
  • 下腹部が張る。
  • 手足がしびれたり、ふるえたりする。
  • 足の裏がジンジン痛い
  • 生理不順で経血量が多い
  • 生理のときに血液の塊がある
  • 生理痛があり、生理前になると体調を崩す
  • 尿が近い
  • おりものが多い
  • 血管が浮き出てきた
  • 内出血をおこしやすくなった
  • 手足が冷える
  • 傷が治りにくい
  • 腰痛がある
  • 性欲が弱くなった気がする
  • 便秘がちになった
  • になった
  • 頭痛頭重がする
  • 耳鳴りがするようになった
  • 憂うつ気味で何もしたくない
  • イライラする
  • 寝つきが悪い、安眠できない
  • 疲れやすい
  • 怒りっぽくなった
  • 忘れっぽくなった
配合生薬(3包中) 主な効能・効果
活血化お薬(お=やまいだれに於と書きます)
タンジン(丹参) 
苦・微寒
 4.5g
シソ科のサルビアの一種で、初夏から夏にかけて淡い紫色の花を咲かせます。
タンジン根を乾燥させたもので、血行を良くし、うっ血を取り除きます。
熱で出血しやすい状態を改善。血を増やし精神を安定させます。
血管拡張作用・血圧効果作用・抗菌作用。
臨床的には、鎮静、精神安定・鎮痛などの作用もあります。
【働き】−タンジンの具体的な働きを紹介します。(このタンジンが主剤として用いられています。)
 ◎血管をひろげ、血流量を増やす作用があります。
 ◎血圧を下げる作用があります。
 ◎血栓ができるのを防ぐ作用があります。
 ◎血液の粘度を下げ、サラサラにする作用があります。
 ◎血管の老化を防ぐ作用があります。
 ◎血液や血管が活性酸素に侵されるのを防ぐ作用があります。
 丹参が、新しい高血圧治療の一つとして期待のもてる可能性が、米医学誌「American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology」1月18日付オンライン版掲載(全文は近号に掲載予定)のハムスターの研究で明らかなった。セージの一種(シソ科サルビア属)である丹参の根は、古来中国では、心臓障害や高血圧症の治療薬として用いられている。
 研究著者で、米ニュージャージー医科歯科大学薬理学・生理学部助教授のDavid D. Kim氏は、伝統的に丹参が高血圧に有効であることは知られていたが、そのメカニズムは不明だったという。同氏は、高血圧症患者に丹参を処方しており、「特にアテローム性動脈硬化症や狭心症を有する高血圧患者での効果が非常によい」と述べている。 研究者らは、丹参の有効成分であるタンシノンUAを高血圧ハムスターに投与。同成分に降圧効果と、血管拡張作用のあることが明らかになった。体内の一酸化窒素(NO)産生を促進させることで効果が現れるとみられている。今回の研究は、高血圧治療薬としての丹参の可能性を探る上で基盤となる。
2007年1月30日/HealthDayNews)
センキュウ 
辛・温  2.25g
セリ科のセンキュウの根茎。
風邪を除き、痛みを止めます。
成分中にはクニジリット、ネオクリニジット、リグスチリドが含まれ、鎮痙、鎮静、降圧、血管拡張作用、抗菌作用があると言われます。
補血、強壮、鎮静剤、婦人病などの漢方薬の成分としてよく用いられます。
【働き】−センキュウの具体的な働きを紹介します。
 ◎気のめぐりをよくして、血の流れを改善します。
 ◎のぼせをなくし、頭を軽くします。
 ◎血管を広げ、血液量を増やします。
 ◎血圧を下げる作用があります。
シャクヤク(芍薬)
 
酸、苦・平 2.25g
ボタン科のシャクヤクの根。
筋肉の痙攣や、硬くなって、ひきつるものを治します。
成分中にペオニフロリン、モノテルペン、タンニンが含まれ、鎮痙、鎮痛、鎮静、抗菌作用があると言われています。
頭痛、神経痛、胃痙攣などの漢方薬の成分としてよく用いられます。
【働き】−シャクヤクの具体的な働きを紹介します。
 ◎血を補い、痛みを止めます。
 ◎鎮痙、鎮痛作用があります。
コウカ(紅花) 
辛微苦・温 2.25g
キク科のベニバナの管状花。
血行を良くし、月経を調整します。お(やまいだれに於)血による痛みを除きます。
成分中には色素(カルタン、サフロールなど)のほか、フラボノイドのカルタミンジンが含まれ、血圧効果作用や免疫賦活作用、抗炎症作用があると言われています。
婦人病、冷え性、通経、更年期障害、血行障害などの漢方薬の成分として用いられます。
【働き】−コウカの具体的な働きを紹介します。
 ◎お血による痛みを除きます。
 ◎血圧を下げる作用があります。
理気薬
モッコウ(木香) 
辛苦・温 1.125g
唐香木(広香木、インド木香)は、基原植物のSaussurea iappa Clarkeの根です。
気の流れを良くし、痛みを止めます。
整腸作用により疼痛・下痢を止めます。
抗菌作用、整腸・止痛・腸蠕動促進作用があります。
【働き】−モッコウの具体的な働きを紹介します。
 ◎気の流れを良くして、痛みを止めます。
コウブシ(香附子) 
辛、微苦、微甘・平  1.125g
カヤツリグサ科のハマスゲの根茎。
滞った気の流れを良くし、月経を調整して痛みを止めるので、月経不順、月経痛、神経症、諸種の胃・腹痛などに応用されます。
成分中のセスキペルテンには、血小板凝集抑制作用があると言われています。
月経不順や月経痛、婦人病からくる精神不安、胃腸病などの漢方薬の成分としてよく用いられます。
あなたの血液はドロドロになってませんか?
血液ドロドロ状態自己チェック
@肉が好き
A野菜はあまり食べない
B甘いものが好き
C濃い味が好き
Dほぼ毎日お酒を飲む
E食べ物に好き嫌いが多い
F外食やテイクアウトの食事が多い
G食べる速度が速い
H朝食は食べないことが多い
I深夜まで起きていていつも睡眠不足ぎみ
J移動は車が多い
K肩こりや頭痛もち
L運動はやらない
Mくよくよするタイプ
N一日にタバコを10本以上吸う
O気力で頑張るタイプ
↓ 思い当たる数は何個?
●3個以下=今のところほぼ血液サラサラ、油断禁物。
●4〜7個=少しドロドロになりかけています。生活パターンを見直して見ましょう。
●8〜10個=ドロドロ進行中、すぐ生活、特に食生活を見直しましょう。
●11個以上=危険信号点滅、心配な状態です。生活習慣を改めましょう
長城冠丹元顆粒<第2類医薬品>
血液をサラサラにする
丹参主剤の生薬製剤
【効能・効果】
中年以降または高血圧傾向のあるものの次の諸症
頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸
【用法・用量】
次の1回量を1日3回、食間又は空腹時に服用
成人(15歳以上)1回1包・1日3回

《服用方法:食間もしくは空腹時や寝る前に服用すると効果的です。また、白湯(目安100cc)に溶かして服用するとさらに効果的です。》
90包(1ヶ月分)  12,000円(税込12,600円)
30包(10日分)   4,200円(税込4,410円)
「長城冠丹元顆粒」誕生秘話
 1966年より中国で始まった「文化大革命」は、政治・思想・文化闘争の時代でした。
 政治や思想、社会の大きな変化の中で、人々は大きなストレスを強いられ、
毛沢東をはじめとして心臓病脳血管障害で悩む人、心筋梗で亡くなる人が急増しました。
 この事態を憂えた当時の
周恩来首相は、緊急対策を呼びかけ、「中西医結合」運動の一環として治療薬の開発を進めました。
 「中西医結合」とは、中医学と西洋医学の長所を結合して新しい医療体系を作るという壮大な試みです。
 その時に開発された
「冠心二号方」は、その後に様々な改良が重ねられ、この「長城冠丹元顆粒」誕生に至ります。
健康な血流を確保することが大切なポイントです!

 健康な血液は、血管を通じて身体のすみずみまで酸素や栄養を配達し、帰りには二酸化炭素や老廃物を回収するという大切な役割を持っています。 スムーズに流れている血液が何らかの原因で、ドロドロと粘り気を増して流れにくくなったり、血管が詰まって流れなくなると、様々な病気の原因となります。
 また、血管は加齢とともに血管の壁の弾力性が無くなり動脈硬化が進み、血管の内部に老廃物がたまり、血流が悪くなります。
 動脈硬化は、10代の頃から徐々に始まり、高血圧や糖尿病の生活習慣病をはじめ、肥満、運動不足、偏食、喫煙、ストレス等によって進行が早まります。

 「長城冠丹元」は、血液をサラサラにして、血管をしなやかにすることで、肩凝り、頭重、頭痛、めまい、耳鳴り、イライラなどの様々な症状を改善したり、生活習慣病の予防として役に立ちます。
 「長城冠丹元」をのんで、スッキリとさわやかな一日を過ごしましょう!